ページ

20111129

秋の深まり

紅葉の木の宗山
わくくり岩の伝説の説明








わくくり岩

夫婦岩:手前が雌の、奥が雄の狸の変じたものという






















木の宗山(きのむねさん)もようやく秋の深まりを感じさせるようになりました。

木の宗山の麓を通って福田から深川(ふかわ)に抜ける道の途中に憩いの森があり、その入口付近に、民話ともなっている伝説の「わくくり岩」があります。先日初めて訪れたところ、周囲の草をきれいに刈り取っていて、全体がよく見えました。福田に伝わる民話「わくくり岩」は、弘法大師伝説によっており、水、報恩、禁忌などの要素がみられます。

「夫婦岩(めおといわ)」の話は、福田の隣の馬木に伝えられるものです。その昔、夫婦の狸が、ありがたいお経を聴かせてもらったお礼に、岩となって洪水を防いだという話です。

実際にわくくり岩と夫婦岩を見て、民話への愛着が増した気がします。 (12月1日改稿)

0 件のコメント: